自分軸ってなに・・?他人軸との違いとは

こんにちは。

自然体で心地よい選択ができるあなたになる心のサポーター。

心理カウンセラーの吉永一叶(よしながいちか)です。

 

 

 

 

「自分軸」と聞いて、あなたはどんなことをイメージするでしょうか。

 

自分軸って、ともすれば
「ワガママ」とか「自分勝手」になってしまうのでは?
と思う方もいらっしゃるのでは、と思います。

 

そして「自分軸」と「他人軸」
って何が違うのでしょうか?

 

自分軸と他人軸を知り、意識することで
人間関係の見え方、距離感が変わったり、
気持ちがラクになることと思います。

 

では、一緒に見ていきましょう(´▽`)/

 

 

 

人の目を気にして振り回される・・苦しい他人軸

 

 

他人軸と言われる状態は、
物事の選択基準が定まらず、
常に相手の反応や、世間からどう見えるかを優先してしまいます。

 

なので、人に振り回されてしまったり、自分の選択に自信が持てず
他人のものさしで価値観が左右されてしまいます。

 

本当にしたいことと違うことを選択したり
本心ではないのに人に合わせて行動をしてしまうことがあります。

 

気の進まない誘いも断れません。
それは思いやりとか優しさでの判断というよりも
断ってしまったら、罪悪感を感じてしまうからです。

 

「あ~あ、本当は行きたくないのになぁ。だけど断ったらまずいよね。」
と思いながら、ブルーな時間を過ごし、ぐったり疲れて帰ってきます。

 

 

嫌われたくない、他者からの評価を下げたくないために望まない行動をした時
心の中はモヤモヤとして、ストレスがたまります。
その行動は自分を犠牲にし、自尊心を傷つけ、セルフイメージを下げてしまうのです。

 

逆の立場になった場合でも、他人軸の人は
相手にも同じようを対応をしてくれることを望むので
断られた場合、不満やイライラを感じます。

 

ストレスのかかる、望ましくないコミュニケーションですね。

 

 

自分も相手も大切にできる自分軸

 

 

「自分軸」の人は、物事の選択を自分で決めています。
そして、自分の気持ちや感じ方を優先して、
自分のための選択をすることができます。

 

人からどう思われるか、などの反応にとらわれず、
自分がしたいからするのが自分軸です。

 

たとえ人のために自己犠牲を払ったとしても、
「相手のことを思って、私がしたいと思うからする」のが自分軸です。

 

そのとき、承認や見返りを求めたり相手の反応にとらわれていないため、
心はすっきりとして穏やかです。

 

 

お誘いを断るときにも、
相手を思いやる気持ちを添えた断り方ができるので
ワガママ、自分勝手とは違い、
人間関係を損ないません。

 

断られた側の人も、自分軸の考え方の人ならば
相手の自分軸を受け入れることができるので
断られたことを深く気にすることもないでしょう。

 

 

 

 

自分軸な人は、自分と違う意見を持つ人のことを尊重することができます。

 

自分もOK(自分ファースト)=自分の価値観、気持ちを大切にできる

相手もOK=相手の意見、自分と違う部分も大切にできる

 

 

当カウンセリングルームでは
自然体で心地よい選択ができるあなたになる心のサポーター
というコンセプトを掲げています。

 

あなたらしくしなやかに生きる自分軸を作るお手伝いを
させてくださいね。

 

 

 

 

 

おためしカウンセリングのご案内


あなたのお悩みを相談してみませんか?

 

 

※限定価格は、すぐに満席になってしまいます。

以降、通常価格になりますので
気になった方は、どうぞお早目にご予約してくださいね。

 

 

カウンセラーは100%あなたの味方となって
じっくりと耳を傾けます。

 

まずはおためしカウンセリングで
カウンセリングの雰囲気や
カウンセラーとの相性を感じてみてくださいね。

 

お悩みをしっかりとお聞きし、
あなたの心の現在地を一緒に確認した上で
生きづらさを手放していくための
解決への道順をお話ししていきます。

 

そしてさらに
カウンセリングを深めてみたいと
思われる方のみ、
次のステップへと進んでいただきます。

 

どうぞ安心してお越しください。
あなたとお会いできるのを心待ちにしています。

 

୨୧ メンタルサポートこころびより୨୧

 

 

 

PAGE TOP