不安で眠れない夜には・・

眠れない・・眠らなければ・・

やばい、早く寝なきゃ・・もう〇時だ・・

 

明日も仕事なのに・・

あんなことやこんなこと、

あぁ、不安が次々に湧いてくる・・

眠ろうとするとなぜ不安になってしまうのでしょう?

それは・・

 

眠りにつく前のシチュエーションが

そうさせているのかもしれません。

 

テレビも電気も消して

スマホも脇に置いて、布団に入る。

 

すると・・・暗い部屋、静か~な寝床で

浮かんでくる思考と向き合うことに・・・。

 

 

不安になるのも、無理もない状況なんですね。

むしろ不安になってもおかしくないのです。

 

今日あったことを思い出しては、

後悔したり、自分にダメ出しをしてしまったり。

 

明日からのまだ起きていないことが

もし失敗したら・・と

どうしても気になって・・・。

 

そんなときに試してみて欲しいことがあります。

 

「いいや、明日考えよう!」

 

そう心の中でつぶやいてみてください。

不安な思考をいったん、先送りしてしまうのです。

 

今考えても解決しないことは、

明日起きてから考えても遅くない。

 

夜のネガティブモードよりも

朝の良い状態で考えよう。

もしかしたら、

寝て起きたら忘れてしまっているかもしれないですよね。

 

不安がグルグルして眠れないとき、

不安になってはいけないとか、

悪いことだと思う必要はありません。

 

その不安を、とりあえず先送り。

また明日ね!という感じです。

 

不安を先送りしたら、

今度はリラックスすることに意識を向けます。

 

身体の力をだらーんと抜いて、

海の上にプカプカ浮かんでいるイメージをしてみましょう。

 

そして、深く息を吸って~

 

吐いて~。

 

「1」と、数え始めます。

 

また深呼吸をしたら・・「2」。

 

「3」・・

「4」・・

 

ゆっくり順番に「21」まで

数えましょう。

 

そうすることで、

副交感神経が優位になり

きっと知らない間に、眠れていることでしょう。

 

それでも眠れない時は

また「1」から数えて・・。

 

 

羊よりも、呼吸を数えてみてくださいね。