〇〇をやめると人間関係はラクになる

こんにちは。

自然体で心地よい選択ができるあなたになる心のサポーター。

心理カウンセラーの吉永一叶(よしながいちか)です。

 

 

 

人生のどんなステージに身を置いても、
人とのつながりは必ずあります。
生きている限り、
人間関係の悩みはつきものと言えるでしょう。

 

できるだけ円滑に、波風を立てずに穏やかにと
他者の気持ちを推し量っては立ち居振る舞いに配慮したり、

 

人に嫌われないように気を配ることで
心を疲れさせてしまったりして・・・。

 

それでも、摩擦や悩みが消えない。。

 

アダルトチルドレン・愛着障害やHSPの人が
人付き合いで苦しくなる原因、
それは・・・

 

「自己犠牲」をして
人間関係をうまく成り立たせようとしていることが
原因の一つではないでしょうか?

 

自己犠牲している、と言われてみて
どんな気持ちが生まれますか?

 

 

 

「えっ、私は自分を犠牲にしていたの?」

「そんなつもりはなかった・・。」

と思うかもしれないし、

 

「そう、私はずっと自分の気持ちを無視してきた。」

と自覚している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

人間関係に息苦しさ、不自由さを感じているとしたら、
日ごろの場面をいろいろと振り返ってみて
自己犠牲についてチェックする機会を作ってみましょう。

 

 

 

これは自己犠牲だろうか?と
迷ったときには、
このような問いかけをしてみるとわかりやすいです。

 

「それを私がしなかったら、一番困るのは誰?」

 

自分のことを後回しにして他者優先になりがちな人は
相手の課題や、相手が自分でしなくてはいけないことを
引き受けてしまっていることがあります。

 

そのことに気付くための質問です。

 

それをしなくて困る人が相手だった場合は
相手の問題ということになります。

 

 

もう一つは、

 

「その気持ちは誰のもの?」

 

です。

 

「私が感じている」ように思っている気持ちは
実は、相手の気持ち、相手の領域のことかもしれません。

 

相手の感情のケアを私がしてあげなければと
自分ごとのように背負い込んでしまっていませんか?

 

気持ちに寄り添うことは大切ですが、
やさしさは、相手の感情に巻き込まれてしまうこととは違います。

 

境界線が見えなくなると心の自立が危ぶまれて
その時その場での適切な選択に自信が持てず、

 

結局流されてしまうことで
ストレスになってしまいます。

 

 

誰が感じていて誰の問題なのかがわかると
引け目なくNOが言えたり、
自分の心を切り離して見守ることができるようになってきます。

 

「愛をもって手放すこと」ができると、
互いに心地よい距離感で接することができるようになり
人間関係の悩みがぐっとラクになります。

 

もし、自己犠牲の心当たりが見つかったら・・・。

「気付く」ことは変化の第一歩です。

 

まずは今まで誰かを優先していた自分に、
「よく頑張ってきたね。」
声をかけてあげてくださいね。

 

自分を大切に思うことからスタートさせていきましょう。

 

 

 

 

 

 

おためしカウンセリングのご案内


あなたのお悩みを相談してみませんか?

 

 

※限定価格は、すぐに満席になってしまいます。

以降、通常価格になります。
どうぞお早目にご予約してくださいね。

 

 

カウンセラーは100%あなたの味方となって
じっくりと耳を傾けます。

 

まずはおためしカウンセリングで
カウンセリングの雰囲気や
カウンセラーとの相性を感じてみてくださいね。

 

お悩みをしっかりとお聞きし、
あなたの心の現在地を一緒に確認した上で
生きづらさを手放していくための
解決への道順をお話ししていきます。

 

そしてさらに
カウンセリングを深めてみたいと
思われる方のみ、
次のステップへと進んでいただきます。

 

どうぞ安心してお越しください。
あなたとお会いできるのを心待ちにしています。

 

୨୧ メンタルサポートこころびより୨୧

 

 

 

PAGE TOP