HSPのお悩み・・ストレスを遠ざけよう

こんにちは。

自然体で心地よい選択ができるあなたになる心のサポーター。

心理カウンセラーの吉永一叶(よしながいちか)です。

 

 

 

『自分の発言が変じゃないか常に気になってしまい、グループLINEが苦手です。』

 

これは、HSPであることを自覚しているSさんのお悩みです。
(ご本人に掲載の許可を頂いています。)

 

グループLINEの流れが自分の発言で終わってしまうと、
何かいけないことを言ってしまったのではないかと、
夜も眠れなくなるぐらいに気になってしまいます。

 

Sさんが、グループLINEが苦手になってしまった理由。

 

それは・・・

 

周りに気を使いすぎて、反応を考えすぎてしまうから。
変だと思われたり嫌われるのが怖すぎて
自分の気持ちを言えなくなってしまったのだそうです。

 

1対1よりもメンバーが大勢になるほど、気遣いは難しくなるし
八方美人的に、いろんな人の反応に合わせなくてはいけなくなり、
メンタルが疲弊してしまいました。

 

 

 

Sさんは、日頃から人の気持ちに敏感で、
他人が失敗しても、
「私が〇〇してあげていたら、△△さんは失敗しなかったかも。」
と自分事のようにとらえて落ち込んでしまいます。

 

HSPの人は他人の感情に影響されやすく、
自分と他人の境界線が薄くなってしまいがち。

 

自分が悪いんだとか、自分に何か問題があるのだろうか?と
自分を責めてしまったり否定してしまうこともあります。

 

このような苦しさを解消するには、どうしたら良いのでしょうか…。

 

 

自分を守り、ラクにしてあげることができるのも、自分です。

 

他人から批判されるのが怖くて、
先に自分で自分を批判したり、自分を否定することで苦しめてしまう。
逆に、自分を守り、ラクにしてあげることができるのも自分なのです。

 

Sさんは、自分の心の負荷を減らすため、
まずは無理してグループLINEでの発言をすることをやめました。
そう決めるだけで、不思議と気持ちが軽くなったそうです。

 

また、カウンセリングによって
人の気持ちや反応を深読みしすぎたり、
先読みしてフリーズしてしまう背景として

 

小さい頃から母親に否定されたり、
叱られたりすることが多かったことで
心に傷を負い、トラウマがあったこと、
無意識に自分を防御するための反応だったこともわかりました。

 

根本となっているトラウマを、時間をかけて
少しずつ癒していくことを始めました。

 

 

 

 

グループLINEで嫌われないようにと考える日々のストレスが
長期化して苦しくなっていたSさん。

 

そのストレスから心理的に遠ざかることができたことで
心がラクになりました。

 

ストレスを遠ざける、環境を変える
など可能な限り
自分の繊細な心を守ることができる方法を選択してくださいね。

 

HSPの人は、
他人のケアができる、気持ちを察してあげられるという長所があります。
それと同じように自分の心のケアも、ぜひ大切にしてくださいね。

 

また、
自分ではHSPに違いないと思っていても、
実はそこにはAC(アダルトチルドレン)、愛着の問題が原因となって
HSPによく似た症状が出ている場合や、
HSP+AC などのように複数の要因が重なり合っている場合もあります。

 

遺伝や気質だから・・と諦めてしまう前に、
カウンセラーにお話ししてみることをご検討ください。
生きづらさを解消する道しるべを一緒に見つけていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

おためしカウンセリングのご案内


あなたのお悩みを相談してみませんか?

 

 

※限定価格は、すぐに満席になってしまいます。

以降、通常価格になりますので
気になった方は、どうぞお早目にご予約してくださいね。

 

 

カウンセラーは100%あなたの味方となって
じっくりと耳を傾けます。

 

まずはおためしカウンセリングで
カウンセリングの雰囲気や
カウンセラーとの相性を感じてみてくださいね。

 

お悩みをしっかりとお聞きし、
あなたの心の現在地を一緒に確認した上で
生きづらさを手放していくための
解決への道順をお話ししていきます。

 

そしてさらに
カウンセリングを深めてみたいと
思われる方のみ、
次のステップへと進んでいただきます。

 

どうぞ安心してお越しください。
あなたとお会いできるのを心待ちにしています。

 

୨୧ メンタルサポートこころびより୨୧

 

 

 

PAGE TOP