まわりが敵だらけに見えてしまう心理③

こんにちは。

自然体で心地よい選択ができるあなたになる心のサポーター。

心理カウンセラーの吉永一叶(よしながいちか)です。

 

 

 

これまでの記事
まわりが敵だらけに見えてしまう心理①
まわりが敵だらけに見えてしまう心理②
の続きのお話です。

 

周りが敵だらけに見えてしまう生きづらさの原因について書いてきました。
ここからは、その対処法について考えていきたいと思います。

 

心地よさを大切に。自分自身の自由を許可する

 

 

 

変えられるものと変えられないもの

 

目の前にある悩み・不安になることによって
それは変えられることでしょうか?
それとも、変えられないことでしょうか?

 

たとえば
相手の気持ち、反応、選択。。
それは相手のものなのですね。

 

心を痛めても変えられないものと気づくことで
委ねることを選んでみると、楽になることができますね。

 

 

日常を丁寧に過ごす

 

睡眠不足になると、ネガティブになりやすくなると言われています。

 

脳の島皮質や前帯状皮質の働きが弱まってしまうと、
情緒の働きや人とのつながりにマイナスな影響が出て、孤独を感じやすくなります。

 

質の良い睡眠と栄養をとったり、体調を整えることも大切な要素ですね。

 

 

自分の心の動き、パターンを知る

 

たとえば、
「ある程度距離が縮まるとなぜか人間関係をリセットしたくなるなぁ」

 

「仲良くなると相手の行動全てを知らないと不安になるなぁ」

 

など、他にもあると思いますが
自分のパターンを振り返ってみましょう。

 

そこから見えない壁を取り払ったり、
いらない信念から抜け出すことにつなげていく足がかりができます。

 

正解、不正解はありません。
自分の心の動きを見つめてみましょう。

 

 

自分にやさしく、味方になる

 

まずは、自分が自分の敵になることやダメ出しをやめて
一番の味方になることを自分に宣言しましょう。

 

「こうするべき」のルールが多いと生きづらくなります。
自分を受け入れられる部分を増やしていきましょう。

 

 

当たり前のこと・・その当たり前がなくなった時に人は?

 

当たり前のことには感謝を忘れがちですが、
たとえば電気や水道、交通機関、そばにいてくれる人。

 

そしていつも動いてくれる身体。。

 

当たり前のものを失ったとき、改めてありがたいと気づきます。

 

感謝を「言葉」にして伝えることを忘れないようにすると、
敵だらけだと思っていた世界が
いつしか味方だらけに変わっていくことでしょう。

 

 

当カウンセリングルームでは、
あなたの問題の根本に切り込み、

 

癒していく道すじをカウンセラーと一緒に考えることで回復に向かい
肩の力の抜けた本来の自分らしさを徐々に取り戻していきます。

 

 

 

 

おためしカウンセリングのご案内


あなたのお悩みを相談してみませんか?

 

 

※限定価格は、すぐに満席になってしまいます。

以降、通常価格になりますので
気になった方は、どうぞお早目にご予約してくださいね。

 

 

カウンセラーは100%あなたの味方となって
じっくりと耳を傾けます。

 

まずはおためしカウンセリングで
カウンセリングの雰囲気や
カウンセラーとの相性を感じてみてくださいね。

 

お悩みをしっかりとお聞きし、
あなたの心の現在地を一緒に確認した上で
生きづらさを手放していくための
解決への道順をお話ししていきます。

 

そしてさらに
カウンセリングを深めてみたいと
思われる方のみ、
次のステップへと進んでいただきます。

 

どうぞ安心してお越しください。
あなたとお会いできるのを心待ちにしています。

 

୨୧ メンタルサポートこころびより୨୧

 

 

 

PAGE TOP