まわりが敵だらけに見えてしまう心理①

こんにちは。

自然体で心地よい選択ができるあなたになる心のサポーター。

心理カウンセラーの吉永一叶(よしながいちか)です。

 

 

 

このようなお悩みを抱えていませんか?

 

『一人でいるのは孤独でつらい。
でも人を信じることができない・・・。』

 

『世の中、敵だらけ。
誰もわかってなんてくれない。』

 

『自分の居場所なんてどこにもない・・・。』

 

そう思いながら毎日を過ごしていくことは本当につらいことですよね。
他の人たちのように自然に人の輪に溶け込めたらいいのに。
でもどうしても、周りが敵だらけに見えてしまう。

 

どうして自分だけが、こんなつらい思いをしなければいけないのか?

 

 

 

こういった生きづらさを抱えている人は
アダルトチルドレンや愛着障害の傾向を持っている方が多く、

 

中には過去にひどい虐待を受けたり、
心に深い傷を抱えている場合もあります。

 

毒親育ちで、安心できる親子のふれあいが得られずに、
身の回りは危険がいっぱいで
自分を傷つけることや人ばかりという認識ができてしまったのですね。

 

人への不信感を募らせて育ったために
常に身構えて、傷つかないように必死に防御しようとし、
時には攻撃的になってしまいます。

 

 

 

 

また、アダルトチルドレン、愛着障害の人は
親から無条件に認めてもらったり、褒めてもらった経験に乏しかったことから
自分に厳しく、自己否定が強い場合が多いこともあります。

 

これ以上傷つけられないよう、強くありたいと思うあまり
自分にダメ出しをしたり
自分自身を責めてしまうこともあります。

 

自分自身が敵になっているパターンです。

 

自分自身を認められない・受け入れられない心が
そのまま写し鏡のように他者を見る目になってしまい、

 

自分に向けられる他人の目、周りの態度までもネガティブに見えて
自分を攻撃していると感じてしまいます。

 

これを、「投影」と言います。

 

 

 

 

周りが敵だらけに見えてしまうことは
人間関係が常に不安で
自分自身が苦しく、つらいことですね。。

 

「敵だらけに見えてしまう」というよりも、
あなたにとって
「敵だらけだ」という事実でしかないのですよね。

 

・・・悲しいですね・・・。

 

でも、あなたは悪くありません。
今まで耐えて、必死に生きてきたこと、
あなた自身が一番知っていますよね。

 

生きづらさの原因に気づいた時に
人は、それを変えていく選択肢を手に入れます。

 

(②につづく)

 

 

 

 

 

おためしカウンセリングのご案内


あなたのお悩みを相談してみませんか?

 

 

※限定価格は、すぐに満席になってしまいます。

以降、通常価格になりますので
気になった方は、どうぞお早目にご予約してくださいね。

 

 

カウンセラーは100%あなたの味方となって
じっくりと耳を傾けます。

 

まずはおためしカウンセリングで
カウンセリングの雰囲気や
カウンセラーとの相性を感じてみてくださいね。

 

お悩みをしっかりとお聞きし、
あなたの心の現在地を一緒に確認した上で
生きづらさを手放していくための
解決への道順をお話ししていきます。

 

そしてさらに
カウンセリングを深めてみたいと
思われる方のみ、
次のステップへと進んでいただきます。

 

どうぞ安心してお越しください。
あなたとお会いできるのを心待ちにしています。

 

୨୧ メンタルサポートこころびより୨୧

 

 

 

PAGE TOP