いらない○○が、あなたを生きづらくしている

アダルトチルドレン、HSPの生きづらさやネガティブ感情をリリースして
自然体で心地よい選択ができるあなたになる心のサポーター。

心理カウンセラーの吉永一叶(よしながいちか)です。

 

 

何かの出来事が起こったとき、
同じ現実を見ても、
喜ぶ人、怒る人、楽しいと思う人・・
反応はそれぞれです。
ストレスを受けやすい人と受けにくい人がいます。

 

 

たとえば、
LINEを送っても既読のまま
なかなか返事が返ってこない時。

 

Aさん:「きっと忙しいんだね。そのうち返事くるかな。もうちょっと待ってみよう。」

 

Bさん:「え!?なんで?どうして??既読スルー??私、嫌われてるのかな?そういえばあの時、ちょっと怒ってるようにも見えた・・。どうしようどうしよう。」

 

 

 

Aさんは、
返事が遅いことを気にとめることなく、
普段通りの日常を送っています。

 

Bさんは、
何度も携帯をチェックしたり、ソワソワ落ち着かない。
憂うつになって、胸はドキドキ。
妄想が止まらなくて夜も寝つきが悪く、ずっと心配しています。

 

何があるから、この違いが生まれるのでしょうか?

 

人が何かしら出来事を経験した時、

出来事⇒感情⇒結果(行動や身体の反応)

ということが瞬時に起こっています。

 

では、人によって反応が違うのはどうしてなのでしょうか?
それは、
出来事と感情の間に、もう一つ、

「信念」

というフィルターが入るからです。

 

信念は、自動的に働く思考の部分で
価値観や信条、固定観念と言い換えることができます。
もっと言うと、「思い込み」です。
それが「先入観」になっていきます。

 

 

 

 

生まれたての赤ちゃんには、まだ信念や価値観はありません。
快か不快かだけで、全力で表現するし、遠慮も葛藤もありません。
この時点で、生きづらい赤ちゃんは一人もいないでしょう。

 

少しずつ大きくなっていく過程で、
親や周りの人とのかかわりの中で、だんだん経験しながら信念が作られていきます。

 

そう、それが
「自分が普通に正しいと信じて疑いもしないこと」なのです。

 

 

その信念のうちのいくつかが、
知らず知らずのうちに自分を窮屈にして苦しめていることがあるということに
自分ではなかなか気付けないのかもしれません。
その信念は、今はもういらない信念、役に立たない信念ということですね。

 

さきほどのAさんは、
「たいていのことは、なんとかなるさ。私は大丈夫。」
と、当たり前に思っているでしょうし、

 

Bさんは、もしかしたら
「私は人から嫌われる。私は大切にしてもらえない存在だ。」
という信念があるかもしれません。

 

自分の感情を感じている人は、自分だけです。
ということは、感情は100%自己責任ということですね。

 

さらに言い換えると、
感情を作り出す信念の部分が変われば
悩みを生み出すいらない思い込みを捨てることができますよね。

 

ひいては、物事の捉え方が変わって、
無理をしなくても心をラクに生きられるようになります。

 

そうすると、
人間関係もおのずとうまくいくようになって
仕事や家庭でも良い循環が回りだし、
その結果、人生が大きく変化します。

 

カウンセリングの中で、
何が生きづらさを作っているのか・・
いらない信念に気付いていきましょう。

 

 

 

 

 

おためしカウンセリングのご案内


あなたのお悩みを話してみませんか?

 

 

※限定価格は、すぐに満席になってしまいます。

以降、通常価格になりますので
気になった方は、どうぞお早目にご予約してくださいね。

 

おためしカウンセリング お申し込みはこちらから

 

 

カウンセラーは100%あなたの味方となって
じっくりと耳を傾けます。

 

まずはおためしカウンセリングで
カウンセリングの雰囲気や
カウンセラーとの相性を感じてみてくださいね。

 

お悩みをしっかりとお聞きし、
あなたの心の現在地を一緒に確認した上で
生きづらさを手放していくための
解決への道順をお話ししていきます。

 

そしてさらに
カウンセリングを深めてみたいと
思われる方のみ、
次のステップへと進んでいただきます。

 

どうぞ安心してお越しください。
あなたとお会いできるのを心待ちにしています。

 

 

PAGE TOP